「認知症基本法」は重要

認知症基本法について考える院内集会が、認知症関係当事者・支援者連絡会議と日本認知症本人ワーキンググループの主催で開催。与野党の国会議員や当事者・家族の支援団体関係者らが集い、超党派による基本法制定の重要性を確認しました。 公明党認知症施策推進本部の本部長である古屋範子は来賓あいさつで、認知症当事者や支援団体の声を基に認知症基本法案を取りまとめ、与党で昨年、国会に提出したことに言及。野党の意見や関係団体の声をさらに反映させ、「より良いものにして成立させたい」と訴えました。

>> もっと見る

Follow me!