2018年開幕 新春街頭演説会

横浜市内で神奈川県本部の新春街頭演説会を行いました。年金の受給資格期間短縮の実績、介護職員の処遇改善が新しい経済政策パッケージに盛り込まれたこと、また、自身が取り組んできた認知症施策を通して、安心の社会保障を構築する決意を述べました。本年1年、神奈川のために、国民のために走って参ります。

(以下、2018.1.4付 公明新聞より引用)

【公明、各地で新春街頭演説会(神奈川)】

【神奈川】党神奈川県本部(上田勇代表=前衆院議員)は2日、横浜市で街頭演説し、古屋範子副代表、上田県代表、三浦信祐、佐々木さやか、竹内真二の各参院議員が決意を述べた。

 上田県代表は、連立与党の取り組みで雇用などに大きな成果が出ているとし、「今年は経済再生への正念場。地域の皆さまの声を基に取り組む」と訴えた。古屋副代表は、党の政策により無年金問題や介護・医療対策、認知症対策などが進展したことを紹介した。

Follow me!