「終戦記念日」街頭演説会

本日8月15日。73回目の終戦記念日を迎えました。横浜市内で神奈川県本部の終戦記念日街頭演説会を開催。古屋範子からは、日本が平和国家としてこれからも歩んでいくために、公明党は積極的に平和主義の旗を掲げて、平和外交を展開していく。また、一人の人間に光を当て、貧困、飢餓、感染症、災害等から守る「人間の安全保障」に全力をあげると述べました。

(以下、2018.8.16付 公明新聞より引用)

【公明は平和主義貫く/各地で終戦記念日街頭演説会/山口代表ら訴え】

73回目の終戦記念日を迎えた15日、公明党は全国各地で街頭演説会を行い、先の大戦で犠牲となった全ての方々に哀悼の意を表し、不戦と平和への誓いを新たにした。東京都豊島区の池袋駅東口で山口那津男代表は、「戦争を二度と起こしてはならないというのは日本国民の誓いであり、世界の人々の共通の願いでなくてはならない」と強調。不戦の決意を貫くために、「憲法の平和主義の精神を堅持した上で、国際社会と連携しながら、平和を守り抜き、平和の礎を重ねていく」と訴えた。=関連記事2面

■友好条約40年 日中発展の歴史後世に

 【東京】山口代表は、日中平和友好条約の締結から40周年の節目を迎えたことに触れ、「この条約の精神は、日中友好と平和のために、末永い安定した日中関係を築いていくということだ」と力説した上で、「先人の苦労に思いをはせつつ、その精神を今の世代が受け止め、後世に伝え残さないといけない」と訴えた。

■核軍縮へ対話をリード

 核廃絶に向けた日本の取り組みでは、国連と協力して核保有国と非保有国の対話を促し、「賢人会議」の提言を核拡散防止条約(NPT)再検討会議に反映させることが重要だと指摘。「唯一の被爆国である日本が『核兵器のない世界』をめざし、現実的な核軍縮が一歩でも進むよう力を尽くし、リーダーシップを発揮すべきだ」と強調した。

 経済成長のほか、環境保護や貧困撲滅なども掲げる国連の持続可能な開発目標(SDGs)の推進に向けては、「世界の国々が、それぞれの発展段階に応じて目標を共有し、実績を重ねなくてはならない」と指摘。日本の取り組みについては、戦後の経済成長に伴う課題を乗り越えてきた経験を踏まえ、「今後の経済成長に伴う課題を克服できるよう、世界各国と共に歩むことが重要だ」と語った。

 一方、太田昭宏全国議員団会議議長は、「平和の党・公明党として一人一人の多様性を尊重する姿勢を貫き、平和構築へ闘っていく」と力説した。

 街頭演説会には、高木陽介党都本部代表(衆院議員)、竹谷とし子同副代表(参院議員)らが出席した。

 【大阪】北側一雄副代表は、大阪市内で開かれた党大阪府本部(代表=佐藤茂樹衆院議員)の街頭演説会に佐藤府代表、山本かなえ(参院選予定候補=比例区)、杉ひさたけ(同=大阪選挙区)の両参院議員らと共に出席し、不戦へ積極的に貢献する決意を訴えた。

 北側副代表は「戦争被爆国として、核軍縮へ核保有国と非保有国の対話促進に努める」と強調。佐藤氏は平和憲法の理念を堅持する考えを力説した。山本さんは「具体的行動で国民の期待に応えたい」と述べ、杉氏は北朝鮮問題の解決を後押しする決意を語った。

 【埼玉】党埼玉県本部の西田実仁代表(参院幹事長)は、さいたま市の大宮駅前で開かれた街頭演説会で、党として今秋に中国を訪問する予定に触れ「日本と中国が平和友好条約に署名して40年。関係改善の流れを加速させる」と力説した。

 矢倉かつお参院議員(参院選予定候補=埼玉選挙区)は「戦争の芽となる差別の心をなくすのが政治の役割」と強調。ヘイトスピーチ(憎悪表現)解消推進法の制定に尽力したことを訴えた。

 【神奈川】党神奈川県本部(代表=上田勇前衆院議員)は、横浜市内で終戦記念日の街頭演説会を開催した。上田県代表と、古屋範子党副代表、佐々木さやか(参院選予定候補=神奈川選挙区)、三浦信祐、竹内真二の各参院議員が参加した。

 上田県代表は、国際協調の重要性を力説し、「公明党は平和外交を進める」と強調。佐々木さんは、国連の持続可能な開発目標(SDGs)達成など、「人間の安全保障」実現を訴えた。

Follow me!