「電話リレー」普及進める

耳の不自由な人がインターネットのテレビ電話による手話通訳などを介して電話を利用できる「電話リレーサービス」の現状を探るため、新宿区の株式会社プラスヴォイスを視察しました。

日本財団がこのモデルプロジェクトを2013年から開始し、総務省・厚生労働省共催のワーキンググループが設置され、今年度、報告書が取りまとめられました。総務省では、2021年度から制度化をめざしており、全力で推進してまいります。

>> もっと見る

Follow me!