山梨県本部女性局ウイメンズトーク LGBTをテーマに意見交換

オンラインで開催した、山梨県本部女性局(河野木綿子局長・南アルプス市議)のウイメンズトークに参加。’CoPrism’飛嶋一歩代表より、「山梨県でのLGBTの皆さまの活動状況」について講演をして頂きました。

古屋範子からは、パートナーシップ制度の推進など、LGBTに関する公明党の取り組みについて語り、また、地方議会での取り組みも紹介して頂くなど、活発な意見交換をすることができました。

(以下、2021.6.2付 公明新聞より引用)

【LGBT 差別の解消を/古屋氏 オンラインで意見交換/党山梨県本部女性局】

 公明党の古屋範子女性委員長(副代表)はこのほど、党山梨県本部女性局(局長=河野木綿子・南アルプス市議)がオンラインで開催したウイメンズトークに参加し、性的少数者(LGBT)が自分らしく生きることを当事者目線でサポートする団体「CoPrism」の飛嶋一歩代表と意見交換した。同女性局の議員らが同席した。

 飛嶋代表は、同団体の情報発信や、当事者同士が懇談できる交流会の様子などを紹介。

 その上で、当事者の中には、「周囲に打ち明けられず、生きづらさを感じている人がいる」と主張し、「差別や偏見の解消に向けた支援拡充が必要だ」と訴えた。

 古屋氏は「多様性を尊重する社会を築いていく」と話していた。

Follow me!