田原総一郎氏のクオータ制に関する勉強会

田原総一郎氏、キャスターの長野智子さん主催の「クォータ制勉強会」に参加しました。下重暁子氏、各党代表が出席して、政治分野の女性の参画向上へ向けて議論をしました。古屋範子は、女性議員の育成や女性政策に関する公明党の取り組みについて、発言しました。

(以下、2021.5.13付 公明新聞より引用)

【多様性許容する豊かな社会築く/勉強会で古屋副代表】

公明党の古屋範子副代表は12日、参院議員会館で開かれた超党派の女性議員による「クオーター制の実現に向けた勉強会」に出席し、あいさつした。

 同勉強会は、ジャーナリストの田原総一朗氏が主催した。席上、古屋氏は、公明党所属議員の3割超を女性議員が占めていると強調。党女性委員会として、各地で女性の悩みに向き合う「ウイメンズトーク」を開き、コロナ禍による深刻な声を受け止め、解決へ全力で取り組んでいると紹介した。その上で「女性活躍をさらに広げ、多様性を許容する豊かな社会をめざしていく」と訴えた。

Follow me!

次の記事

特定商取引法の質疑