活動報告
消費者法制の抜本的見直しの提言

自見英子内閣府特命担当大臣に、消費者法制の抜本的見直しに向けた提言を提出しました。高齢化、デジタル化の進展等、社会環境が大きく変化している中、民法を本則とし、その例外としと消費者契約法等を位置づける従来の消費者法制を抜本 […]

続きを読む
活動報告
消費者契約法改正案を審査

古屋範子が委員長を務める党消費者問題対策本部と内閣部会(国重徹部会長・衆院議員)合同で、消費者契約法・独立行政法人国民生活センター法改正案の法案審査を行いました。霊感商法による被害防止のため、取消権の対象範囲の拡大、取消 […]

続きを読む
活動報告
岸田総理に霊感商法等被害者救済、防止の提言を提出

古屋範子が委員長を務める党消費者問題対策本部で「霊感商法等による被害の救済及び防止に向けた提言」を岸田文雄 総理大臣に提出。これまでのヒアリングを踏まえ、被害者に寄り添った相談対応と救済、再発防止の新たな法制度、旧統一教 […]

続きを読む
活動報告
消費者問題対策本部 紀藤弁護士からヒアリング

党消費者問題対策本部(本部長=古屋範子)で、紀藤正樹弁護士に「霊感商法等の悪質商法と消費者問題としての課題」について講演を行って頂きました。これまでの裁判例や海外の法制度などについて伺い、参加の議員からは必要な法改正など […]

続きを読む
活動報告
霊感商法被害の対策強化へ 消費者問題対策本部

古屋範子が本部長を務める党消費者問題対策本部で、霊感商法について消費者庁よりヒアリング。同庁内に設置された第1回、第2回「霊感商法等の悪質商法への対策検討会」の内容、霊感商法被害の全体像について聞き、議論しました。霊感商 […]

続きを読む
トピックス
高校生への消費者教育(公明新聞 2021年8月12日付)

古屋範子はこれまで、党消費者問題対策本部の本部長として、消費者教育の充実に取り組んでまいりました。来年4月、成人年齢が18歳に引き下げられます。この世代の消費者被害がひろがることがないよう、更なる充実に取り組んでいく決意 […]

続きを読む
活動報告
消費者の安心・安全を守る

全国消費者行政ウォッチねっと主催による、「消費者の安全・安心のためのデジタル・プラットフォーム規制のあり方を考える緊急集会」に出席しました。古屋範子が本部長を務める党消費者問題対策本部で、関係団体よりこの問題に関してヒア […]

続きを読む
活動報告
地方消費者行政活性化基金に関する緊急要望

森まさこ消費者担当大臣に、「地方消費者行政活性化基金」に関する緊急要望を提出。先日、品川区の消費者センターを訪問しましたが、相談員の方より、高齢者の相談が多いため、1人1人に時間がかかるというお声を頂きました。地方消費者 […]

続きを読む