京都府本部 支部女性委員研修会へ

大阪北部を震源とする地震で、京都でも大きな揺れがありました。通学路の安全確保など、公明党の地震への迅速な対応、幼児教育無償化をはじめとする「骨太の方針」、最新の国会状況など、研修を行いました。

(以下、2018.6.24付 公明新聞より引用)

【女性の声を「骨太」に反映/古屋委員長 京都の研修会で強調】

公明党の古屋範子女性委員長(衆院議員)は23日、京都市内で開かれた党京都府本部(代表=竹内譲衆院議員)の女性委員研修会に出席し、あいさつした。

古屋さんは、先に政府が決定した「経済財政運営と改革の基本方針2018」(骨太の方針)に関し、「公明党は、皆さんの声やニーズを反映させようと議論を重ねた」と強調。19年10月の消費税率引き上げに合わせた軽減税率の導入を改めて盛り込ませたことや、幼児教育・保育の無償化の実施などを報告した。また、今後も待機児童解消に全力を挙げる考えを示した。

研修会には約100人が参加し真剣に研さん。諸岡美津府女性局長(府議)があいさつし、岡田秀子八幡市議と南支部の山本久美子さんがそれぞれ活動報告を行った。

Follow me!